スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|--:--:--|スポンサー広告 | |
ししとうの味噌巻
IMG_0221.jpg
早いもので、今年も本日を含めあと二日の営業となりました。

味噌ととても相性の良いししとうと大葉を、薄く開いた富士高原鶏のささみで巻き、香ばしく焼いた後味醂で伸ばした無添加信州味噌をのせます。
大豆が醗酵して上品な甘い香りを広げる味噌と自然な大葉の香り、ししとうの風味が重なり一つの大きなハーモニーを作り出します。
特別な相性が重なった時にだけ生まれる、味わいが何倍にも広がる料理の世界の不思議を味わうことができる串焼きです。
IMG_0214.jpg
自然の恵みに感謝して、本来その素材の持つ香りや味を大切にしたいので、僕は料理に必要以上に手を加えるのが好きではありません。
特に重厚なソースなどで素材の味が隠れるほど複雑にしたり、フレンチに和食を用いるなど奇想天外な組み合わせで新しさをアピールしたり、本質的思考力の乏しい左脳的発想の安易な料理を食べるのも嫌いですし、作ることもありません。
そして、ミシュランやメディアがもてはやすせいなのか、一部で有名なシェフたちは料理は作りたてが一番おいしいのに、あえて絵を描くように盛り付けに必要以上に時間をかけたりと、エンターテイメントのような料理が話題になるのがとても気になります。

B級グルメ至上主義や、左脳が求める視覚的わかりやすさ、新しさ、安さや話題性だけが最も生産性に結びつくという、資本主義の末期的症状の現代においては、飲食店も見た目ばかりに左右される素人のネットでの口コミが評価を決める時代になってしまいました。
さらに日銀総裁や総理大臣まで奇抜さとサプライズで経済や政治を動かそうとしてい状況では、真面目に本来の料理のおいしさや、素材の持ち味を追求した店や料理人が評価される時代は、この先訪れることは二度とないのかもしれません。

最近、この仕事を長く続ける意味を失い始めています。
|09:51:19|創作串焼き | comment(0) | trackback(0)
comment
comment posting














trackback URL
http://maido1984423.blog97.fc2.com/tb.php/1963-f52649c3
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。