シャトー・サント・コロンブ2006
f482d258-s.jpg
昨年からグラスワインとして続けているシャトー・サント・コロンブ2006。
10年経ち、熟成のピークを迎えた飲み頃のワインです。
グラス630円、フルボトル3430円税抜き。

シャトー・サント・コロンブのあるコート・ド・カスティヨンは、フランス、ボルドーのサンテミリオンとポムロールのすぐ東に位置するローマ時代からの古いワイン銘産地です。
そのワインは長期間の熟成にも耐えるしっかりといたワインになると言われています。

サント・コロンブのオーナーは、ジェラール・ペルス氏。
サン・テミリオンの優良シャトーである、 パヴィやモンブスケ、パヴィ・デュセス、ベルヴュー・モンドット、クロ・レグリーズ、ラ・クルジェールなどの有名シャトーを8つも所有しています。
「全てのシャトーでテロワールを最大限引き出し、いかなるアペラシオンでも手を抜かず、全力を尽くして最高のものを造り出す」のが、彼の哲学だと言われています。

そして醸造コンサルタントは、メルローの魔術師ともいわれるミシェル・ロラン氏が務めており、ブドウ栽培から醸造、熟成に至るまで指導を行っています。
すでに多くのワインで実力を証明してきたこの二人が手掛けたサント・コロンブは、『ベスト・オブ・ハイコストパフォーマンス』とでも言うべき優れたワインです。

2006年の作柄は、7月が猛暑で、ブドウの粒は小さく、8月は糖度とフェノール化合物が増加するのに適した穏やかで乾燥した天候でした。
9月中旬の降雨の頃には、すでにリッチで凝縮した果実が実り、 水捌けのよい砂利質の畑の恩恵でブドウの成熟への影響は比較的少なかったようです。
ワインは豊かな果実味に、均衡が取れたデリケートでクラシカルなスタイルに仕上がりました。

プラムやカシス、ブラックチェリーなどの豊かな果実香に、スパイス、なめし革、柑橘系のアロマが混じり、熟成感を感じる複雑ながら心地よい味わいです。
明るくフレンドリーな雰囲気で、どんな料理にも気軽に合わせて頂けます。
熟成したワインをお好みの方にお勧めです
|10:01:09|ワイン | comment(0) | trackback(0)
comment
comment posting














trackback URL
http://maido1984423.blog97.fc2.com/tb.php/1988-3860500c
trackback