スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|--:--:--|スポンサー広告 | |
ミンサーの予備部品
P4150324.jpg
毎日使うミンサーのパーツが磨り減ってしまい、挽肉を引く時の能力が徐々に落ちてきます。
そのために新しい予備パーツを購入しました。
肉を送り出すロールと呼ばれる部分と、肉を切断するナイフです。
ロールは7000円、ナイフは1800円しました。
本体はとても丈夫なので、これさえあれば半永久的に使えます。
IMGP1413.jpg

菅総理がG8サミットで、日本中の設置可能なほぼ全ての家1000万戸に太陽光発電パネルを設置することを目指すと発言しました。
もし実現すればかなりの電力供給に良い影響になりますが、問題はこの不景気に予算をどうするかです。
コストをかけて原発の安全基準を高めながら、太陽光発電の普及を進めるのは予算的にも厳しいし、普及した後の必要でなくなる原発を造る必要性にも矛盾があります。
どちらに重きを置くかが、これからの政治の重要なさじ加減になってくと思います。

コストの高い自然エネルギーを普及させるには、政府や地方自治体のかなりの負担が必要だと思いますが、新しい神奈川県知事の黒岩さんやソフトバンクの孫さんなどの行動力に期待したいですね。
そして、それにより新たな経済が動き出すような社会になれば、経済が縮小気味の日本に大きな後押しになるはずです。
気になるのは新しい時代に対する抵抗勢力です。経団連の米倉会長や一部の自民党議員などの既得権益にしがみつく、あまり想像力を持ち合わせていないような方々の声高の反対意見が心配です。
どういう未来を望むのか、はっきりと描けてない人は、きっと未来が不安だらけなのかもしれませんね。
今回の原発事故により生まれる新たなチャンスを活かし、発電と送電会社を分離することによる携帯電話のように競争による料金下落やサービスの質の向上など、せっかく出てきた芽を潰さないでもらいたいものです。
|09:30:20|仕込み | comment(0) | trackback(0)
comment
comment posting














trackback URL
http://maido1984423.blog97.fc2.com/tb.php/520-899534a7
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。