スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|--:--:--|スポンサー広告 | |
梅雨のカタツムリ
IMG_0419.jpg
29日の休みの日に、台風崩れの温帯低気圧により強い雨が降り続く中、合羽を着て歩いていて見つけたカタツムリ。子供の頃は良く見かけたけれど、こんなに大きいのは本当に久しぶりでした。
カタツムリを見ていると、急に小学生の高学年の頃の記憶が蘇りました。

僕は幼少の頃から一人で遊ぶことが多く、あまり親から注意されなかったこともあり、自分なりに自分の好奇心や感情をとても大切にしていました。
学校に行くようになり、その小さな自我が社会性とは相容れないことが多くなり、学校生活がだんだんつらくなってきました。
そして、自分の中から芽生えてくる性的な成長にも上手く馴染めず、自分自身を持て余すようになっていきました。
そんな時、一人で下校する途中で見かける季節の変化が唯一の自分と心を繋ぐ架け橋になり、それを楽しむことに没頭しました。
今でも鮮明に思い出すのが、梅雨の時期のカタツムリと紫陽花。雨の中、何時間も一人で見つめていました。
雲が途切れ、急に日が差してきて、紫陽花の葉の水滴がきらめき、その横をカタツムリがゆっくりと動きます。
角に触れるとびっくりして引っ込むのが楽しくて、何度も繰り返し触れたものでした。
IMG_0420.jpg
今でも、僕の自我は殆ど社会性は持ち合わせていませんが、それでもそれなりに生きて来ることは出来ました。
そして、自分の好奇心をとても大切にしてきた結果が、他の店とは違う独自の今の店の存在なのかもしれません。
|09:40:20|山歩き&金沢のパワースポット | comment(0) | trackback(0)
comment
comment posting














trackback URL
http://maido1984423.blog97.fc2.com/tb.php/562-a6931685
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。