スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|--:--:--|スポンサー広告 | |
鎌倉ライフフォースさんのオーガニックランチ
工藤デジカメ
18日のお休みの日に鎌倉に行き、和田塚駅近くのオーガニックカフェのライフフォースさんに行って来ました。
自宅から歩いていくつもりでしたが、あまりの蒸し暑さに挫折して途中まで電車に乗ってしまいました。
その分、北鎌倉や長谷の方まで色々と歩いて回りました。
ライフフォースさんは定期的にライブも行っているので、その形態を参考にさせてもらう意味もあり伺いました。
鎌倉のカフェらしく雰囲気もセンス良く明るい内装で、古民家の梁をいかしたままモダンなデザインを融合させたお洒落なお店です。
ランチは動物性の食材を使わない完全な自然食だけでなく、地元のシラスや地蛸なども使ったパスタやカレーも出しています。
食べたのはシラスの玄米炒飯。鎌倉野菜のサラダと小松菜のお浸し、蒟蒻とオクラ、葱の味噌汁がついてきました。
サラダは根菜類の薄切りが彩りよく入っていてドレッシングはビネガーだけの非常にサッパリとしたものでした。
料理全体がシンプルで素朴な味付けです。
やはり鎌倉のカフェは単に味付けを重視するよりも、玄米などの自然食と地元の食材を使い、さらに今の時代の主流であるお洒落な盛り付けを大切にしているのを実感しました。
それほど広くないホールには客席を潰してアップライトのピアノが置いてあり、ライブが違和感なく出来るような自然な雰囲気を感じました。飲食店でライブをするにはこういう感覚が必要なのかもしれません。

立地的にも客層もまったく違う鎌倉と金沢文庫ですが、歴史的な風土や建物をいかし、地元の食材や自然食をを出来るだけ使い、センス良くまとめることが震災後の、そして未来の日本の共通する飲食店のあるべき姿のひとつなのかもしれません。
コンセプト重視だった震災以前みたいに必要以上にこだわることはせず、歴史や風土の中にある長く培われた自然な文化やエネルギーを大切にすることが、全てにおいて今後求められるのかもしれません。
表面的には観光地的なところが目立つ鎌倉ですが、考えている店がまだまだ隠れているようです。
しばらくは歩き回る目的が増えそうです。
|09:47:22|おススメのお店 | comment(0) | trackback(0)
comment
comment posting














trackback URL
http://maido1984423.blog97.fc2.com/tb.php/611-7865fd4f
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。