スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|--:--:--|スポンサー広告 | |
太陽観測衛星「ひので」
小惑星探査機「はやぶさ」の奇跡の帰還ばかり話題になってますが、僕が今興味を持っているのが太陽観測衛星「ひので」が発見し、今年の8月31日に発表した新事実です。
250px-SOLAR-B_artists_concept.jpg
solar-b2-4n.jpg
「ひので」は太陽内部の磁場の大規模出現、発生と、黒点軍の発生から形成を初めて捉えることに成功しました。
これにより、太陽の北極の負極磁場が大幅に減少し、正極磁場が増えていることを発見。
しかし、南極の磁場は正極のまま安定な状態を維持していて、初めて極磁場の対称性が崩れていることが分かりました。これが地球の環境に大きく影響を与えている可能性があるということです。(大地震や異常気象など)

そしてもうひとつ、磁場の反転と黒点数の増減の周期は通常11年で安定していたのが、2009年まで続いた周期が12.6年に延びていることも発見しました。
周期の伸び、南北対象性の崩れ、黒点などの磁場の減少により、太陽の活動が停滞期に入っているのでないかと国立天文台「JAXA」は予想しています。
活動周期が延びる時期は地球が寒冷化する次期と一致している為、地球は今後、少氷河期に向かっている可能性があるそうです。
64c85a7b-s.jpg
この図を見ると、20世紀の地球の温暖化は太陽の周期が短くなったことによるもので、温室ガス排出だけが原因ではないことが分かると思います。
これから地球は長期的には寒冷化に向かう可能性は非常に高く、それにより農作物の不作が相次ぎ、何十年後には人口増加に対し食糧不足で世界中がパニックになることは避けられないと思います。

この記事は新聞にも載っていましたが、なぜか非常に小さい記事でした。
なぜこんな大問題が話題にならないのか不思議でたまりません。
マスメディアは皆で協調して話題にならないようにしているのか。そして、この事実が正しいなら環境問題、原発問題、排出権取引など全てが矛盾していることになるので、世界中の人はあまりに深刻な問題なのであえて目を逸らしているのでしょうか。
気になる方はJAXAのホームページを見てください。

写真と資料はJAXA提供です。
|09:59:56|天候、地球環境 | comment(2) | trackback(0)
comment
温暖化
温暖化について もともと地球は、温度の上下を繰り返しているから CO2のせいだけじゃ無い的な事を言っている人はいますよね。
これから 地球が冷えていくとすると CO2排出が喜ばれるなんて事になるのかもしれないですね。
それは無いか・・・
2011/10/0710:16 | URL | edit | posted by 川崎K
Re: 温暖化
逆に僕は温暖化はそれほど悪いことだと思いません。それよりも寒冷化の方がはるかに心配です。
CO2排出だけじゃなく、逆に温暖化させるために色々やらなければならなくなるのかもしれませんね。
2011/10/0808:52 | URL | edit | posted by maidoのてんちょ
comment posting














trackback URL
http://maido1984423.blog97.fc2.com/tb.php/689-16980f1f
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。