スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|--:--:--|スポンサー広告 | |
新しい醤油
P9281328.jpg
大分県のフンド―キンさんが造る極紫醤油。
まろやかで奥行きある味が好きで使っていましたが、メーカーの方で製造中止になってしまいました。
同じ材料で作る丸大豆醤油に変わってしまうのだそうです。
原材料の丸大豆と天日塩は同じで、極紫醤油は一般的な醤油の2倍の12ヶ月熟成させた醤油ですが、新しい丸大豆醤油はおそらく半分ぐらいに短くしたのかもしれません。
味わいはサッパリとして爽やかな香りの現代風のものに変わりました。
ワインと同じで、時代の流れによって軽く分かりやすい美味しさが求められているようです。
メーカーさんの方もコストをかけて売れないものを造るより、出来るだけコストをかけずにとにかく安い商品を造らないと企業として生き残れないのかもしれません。

同じ味のレベルの手造りの醤油を探すとなると、おそらく何倍の金額を出さなければ見つからないでしょう。
値段は高くても徹底的に品質にこだわる高額な物と、とにかく安いもの。
この二つに売れる商品の流れはなってしまったようです。
価格ではなく品質の良さを見極める人が、殆どいなくなってしまったことも原因なのかもしれません。
本当に残念です。
|09:30:07|食材・調味料 | comment(0) | trackback(0)
comment
comment posting














trackback URL
http://maido1984423.blog97.fc2.com/tb.php/691-f3512718
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。