ショレイ・レ・ボーヌ1995
IMG_0663.jpg
ショレイ・レ・ボーヌ1995 ドメーヌ・コヴァール
珍しいドメーヌ庫出しの1995年のショレイ・レ・ボーヌです。
16世紀から続く家族経営の小さなドメーヌで、減農薬栽培のブドウで造られたワインです。
ショレイ・レ・ボーヌはサヴィニー・レ・ボーヌの国道を挟んで向かい側で、ボーヌの北側になります。
ACが認定されたのは1970年なので、まだあまり知られていない村ですが徐々に評価が高まってきました。
畑の立地は平たんであまり良くないのですが、造られるワインは意外と評価が高く、コストパフォーマンスはかなり高いと思います。
このワインはかなり熟成が進んでいて、ほとんどオレンジ色の変化していました。香りは開いてくると甘い黒果実系の芳香でとても素晴らしかったです。熟成感のある広がりのある果実味と余韻も感じられます。
焦げたような硬さもありますが、これだけの熟成感を持ったピノノアールは最近あまり飲んでなかったので、久しぶりに感激しました。やはり熟成したブルゴーニュは本当に素晴らしいです。
店では4800円で出しています。
|10:05:05|ワイン | comment(0) | trackback(0)
comment
comment posting














trackback URL
http://maido1984423.blog97.fc2.com/tb.php/739-87190990
trackback