スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|--:--:--|スポンサー広告 | |
今年の柚子胡椒
PC011516.jpg
黒川さんの畑で採れた柚子を使って、今年も柚子胡椒を作りました。
捥ぎ立ての柚子なので、市販の物とは違い香り高い柚子胡椒が出来上がります。
PC011522.jpg
ピーラーだと厚くなりすぎるので、包丁で一つ一つ薄く皮の表面だけを剥いていきます。
PC011523.jpg
どれだけ薄く向くかで柚子胡椒の品質がほぼ決まってしまうので、慎重に作業します。
PC011527.jpg
出来上がった柚子の皮に対し、4分の1の量の青唐辛子を用意します。
PC011531.jpg
包丁で切り目を入れ、中の種を水で洗いながら取り出していきます。
PC011533.jpg
青唐の水分をよくとってから、軽く包丁で刻み、柚子の皮とともにフードプロセッサーにかけます。
PC011538.jpg
柚子の皮50個分に対し、塩大匙2杯、麦焼酎50㏄を加え、完全に滑らかになるまでフードプロセッサーにかけます。
以前は包丁で刻み、すり鉢を使って滑らかにしていましたが、あまりにも効率が悪く出来上がるまでに2、3時間かかるので、最近は文明の利器に頼ることにしました。
料理においては伝統が大切だと常に思っていますが、味がまったく同じ場合は、伝統にあまりこだわらずに先端の技術も使うようにしています。
過去ではなく今の時代に生きているのですから、自分が正しいと思うのであれば時代を受け入れるのも自然な流れのような気がします。でも相変わらず携帯もスマホも持っていませんが。
PC011549.jpg
全体量でこの瓶2本分の柚子胡椒が出来上がりました。
|09:40:39|仕込み | comment(0) | trackback(0)
comment
comment posting














trackback URL
http://maido1984423.blog97.fc2.com/tb.php/749-1be54961
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。