スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|--:--:--|スポンサー広告 | |
皆既月食
image.jpg
ちょうど昨日の仕事が終わるころ月食が見られました。
月食は結構頻繁に見ることができるようで、僕ももう3,4回は見たような気がします。
宇宙のしくみが徐々に解明され、月食の原理を理解している現代では不思議なことではありませんが、自然現象と信仰が密接に結びついていた過去では、月食は相当の恐怖を感じたに違いありません。
赤く染まりながら徐々に欠けていく月を見ると、自然を司る神様の怒りを見ているようで、何か大地震のようなことが起こる前兆のような不安を感じたのかもしれません。
でもそのような時代だからこそ自然に対し畏敬の念を感じ、自然の力をうまく利用し、自然の力に感謝をすることができたような気がします。

人間が完全に自然を支配していると思い込み、何もかも自分たちの思い通りにしなければ気が済まなくなった現代。
実際は何もすることができなかった3月11日のあの大震災の恐怖も徐々に忘れて、自然界の本質とは真逆のファッションやエンターテイメントに溢れた現実に早く戻ることばかり考えているように思えます。
そして艶やかにライトアップされたクリスマス飾りを見ると、豊かさと利便さだけを追求した現代社会が孕んだ矛盾に僕は心が痛みます。
|10:08:01|天候、地球環境 | comment(0) | trackback(0)
comment
comment posting














trackback URL
http://maido1984423.blog97.fc2.com/tb.php/758-ed3a739e
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。