スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|--:--:--|スポンサー広告 | |
冬型の気圧配置の夕焼け
IMG_1027.jpg
昨日はこの冬一番の寒さになり、外を自転車で走ると露出した皮膚がきりきり痛むほどでした。
横浜でも氷点下近くまで下がり、昼間でも5℃を上回ることはありませんでした。
子供のころは当たり前だったこの寒さを同じ地元で体験したのは本当に久しぶりで、いつの間にか温暖化が当たり前になっていたのですね。小学生のころはこの位の寒さが毎日続き、一日中山の影になっている田圃などは冬の間ずっと凍り続け、そこでよくスケートをしたのを思い出します。

この寒さも実は偏西風の蛇行によるもので、シベリアの寒気が日本に流れ込んでることが原因で、そのせいで逆にヨーロッパではものすごい暖冬だそうです。
まだまだ地球全体としては、太陽の活動、ヒートアイランド現象、温室ガス効果などで気温が高い状態が続いているようですが、今後は太陽活動の異変から本格的に地球全体が寒冷化する時期は近づいているようです。
それによる穀物価格の暴騰や不足などは避けることは難しく、今から覚悟していたほうがよさそうです。

それと、心配なのが太陽風などのエネルギーが地球に及ぼす影響が大きく変化している原因が、実は近年急速に増えた人工衛星によるものだということがだんだんとわかってきたことです。
そして、近年特に発達した通信衛星やGPSが、地球に放射しているエネルギーにより地殻にも影響が出ていて、地震が増えている可能性があると言ってる人もいました。
H2Aロケットの打ち上げ成功で信頼が高まり、これからさらに人工衛星が多く打ち上げられる今後がさらに心配です。

|09:49:46|天候、地球環境 | comment(0) | trackback(0)
comment
comment posting














trackback URL
http://maido1984423.blog97.fc2.com/tb.php/797-8013a166
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。