スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|--:--:--|スポンサー広告 | |
春の山
IMG_1224.jpg
桜は満開になり日差しは春らしく強くなっても、朝晩の肌に当たる風はいまだに真冬のような冷たい空気のままです。この気温で夜風に当たりながら花見をするのはかなり身体に悪いかもしれません。ただ、週明けからは南風が入る春の気圧配置になってくるので、少しは気温も上がってくるでしょう。
気温が低い分、桜の花も長くゆっくりと咲き続けるので、暖かい日を選んで花見をしても遅くないとおもいます。

3月から続く低温のせいで山の植物たちはやっと目覚めたばかり。普段は地面に近い低い植物から順番に目覚めるのですが、今年は冬が長すぎて木々の萌芽と同時になってしまいました。
IMG_1219.jpg
普段はは2月ごろから見ることができるスミレの花も、今年はかなり遅れて今一斉に咲いています。
IMG_1231.jpg
これは釜利谷市民の森の杉林。30メートル以上もあるような巨大な杉の大木が林立しています。
日当たりの少ない冷たい空気の杉林はまだ冬の気配のまま。ここを歩くともうすでに桜が咲いていることも忘れてしまうほど季節が遅れている感じがします。
IMG_1229.jpg
その中でも少しだけ春を感じるシダの新芽がありました。コゴミに似ていて食べられそうですが食べたことはありません。
|09:46:05|山歩き&金沢のパワースポット | comment(0) | trackback(0)
comment
comment posting














trackback URL
http://maido1984423.blog97.fc2.com/tb.php/885-9c13b7c8
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。