スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|--:--:--|スポンサー広告 | |
春のコース
P4111889.jpg
春の特別コースの前菜。
右下が山独活とフルーツトマトのマスタード和え、隣が花山葵と蚕豆の白和え。奥が京鴨ロースのたたきと蕗の薹味噌豆腐です。
P4111887.jpg
去年は震災の影響でキャンセルが続いた三月の反動から四月は逆にとても忙しかったのですが、今年は例年になく静かな新年度の始まりのような気がします。
気温も低めで、気分的にもなかなか本格的な春が来たようには感じられません。
震災以降の外食産業全般の売り上げの低迷は実際かなり深刻で、とくに顕著なアルコール離れの影響の出ている居酒屋業界の落ち込みは今まで経験したことがないような悲惨な状態です。
そして、イタリアとスペインの国債利回りが再び上昇していることから、この先日本だけでなくアメリカ、EU諸国でも株価の下落は深刻になるでしょう。財政の悪化から金融政策や景気刺激策も限界にきている世界全体の景気低迷が、牽引役だった中国やインドにも影響を与え、成長を続けた経済の失速が顕著になってくるのは避けられないようです。
いよいよ今年は、日本だけでなく世界全体が二〇世紀から続いた極端な経済成長の分岐点にさしかかったのは間違いない事実になるでしょう。
グローバル化や流行の先取りばかりを追いかけて、全てに早急な結果を求めていた東京の経済も、考えを改める時期に差し掛かったのかもしれません。
それとも最後までこの消耗戦を戦うつもりなのでしょうか。
|08:45:48|季節のメニュー | comment(0) | trackback(0)
comment
comment posting














trackback URL
http://maido1984423.blog97.fc2.com/tb.php/898-309702ff
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。