スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|--:--:--|スポンサー広告 | |
ジョルジュ・ルーミエ 
P4261901.jpg
シャンボール・ミュジニ 1erレ・クラ 2003 ジョルジュ・ルーミエ
先日、お客様が飲まれたワインです。19000円でした。
ジョルジュ・ルーミエはブルゴーニュで最も人気のある造り手の一人で、マニアの間では垂涎のワインです。この造り手の最も貴重な畑である「ミュジニ」の市場での価格は、ヴィンテージによっては30万円を超えることもあります。
ワイン1本でこの価格はどう考えても普通ではありません。味わいに大きな違いがあるわけではないので、冷静に考えれば明らかにその価値があるとは思えないのに、現在は需要と供給の関係から価格が決まるので、いつの間にかこんなに価格が上がってしまいました。
資本主義の競争原理により世界中の経済がバブルのように膨らみ、モノの価値ではなく貨幣の流通量が増えたためにインフレになり、インターネットの普及により情報ばかりが先行して広がることで、一部の商品の価格が異常に上昇しました。

日銀やFRB、欧州中央銀行などが金融緩和策により市場に潤沢な資金を供給し、ヘッジファンドやレバレッジなどの金融システムにより市場の貨幣の流通を膨らましてきましたが、リーマンショック以降そのシステムが機能しなくなりました。原因は担保となる土地の価格が下がり始めたからです。
日本がバブル崩壊から20年以上も停滞が続くのも同じ理由からです。
そしていよいよ近年の経済を引っ張ってきた中国の土地の価格も急激に下がり始めたことで、今後の経済が今までのように上昇しなくなるのは、明確な事実です。
金融システムが崩壊した以上、どんな魅力のある商品を送り出しても利益を生み出す前に商品は売れなくなります。経済を引っ張る力が無くなってしまったからです。
今後、さらなるインターネットの普及によりモノは溢れるばかりで、売れるものと売れないものとの格差はさらに広がり、貴重なものほど需要は増え続けるでしょう。
ワインの価格も同じように、味の差以上に価格の差は広がり続けるのかもしれません。

|10:09:47|ワイン | comment(0) | trackback(0)
comment
comment posting














trackback URL
http://maido1984423.blog97.fc2.com/tb.php/910-67fa1feb
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。