スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|--:--:--|スポンサー広告 | |
原発再稼働問題
IMG_1337.jpg
福井県の大飯原発の再稼働で日本中が揺れています。
世論調査では50%以上が原発の再稼働反対で、稼働するべきは30%位しかありません。このままだと再稼働はほぼ不可能ではないでしょうか。見識のある著名人もこぞって反対運動に参加して、さらにメディアの殆どが、稼働させようとしている政府を批判しています。
唯一稼働するべきと訴えているのは経済界と地元自治体、電力関係者だけで、その声も徐々に小さくなってきました。
マスメディアの動きを見ていると、政治的影響力を増している橋本市長の維新の会と、原発が停止すると莫大な経済効果が見込めるメガソーラーなどの太陽光発電で次期電力業界の新たな勢力となろうとする企業の影響を受けているようです。
これは何か、過去の原発推進運動にも似た空気を感じます。
IMG_1339.jpg
僕はおそらく原発を稼働しなくても、夏場の電力はどうにかなると思います。
実は大企業などが購入している小型ガスタービンなどの自家発電はかなり普及していて、そのほか余剰熱を使った自家発電なども利用し、ほとんどの企業は値上げした電力会社からの電力購入を減らしているからです。
夏の電気料金の値上げにより、家庭の節電も進むでしょう。

ただそのために被る甚大な損失は計り知れないものになりそうで、自ら国民がそれを選ぶのであればそれはそれでしかたのないことなのかもしれません。
円高で弱った製造業の競争力はさらに落ちて、もしかりに中東などに問題が起き原油や天然ガス価格が高騰したら、ほぼ全て輸入燃料に依存している日本の電気料金は途轍もない金額になり、国内の企業は完全に世界競争から振り落されることになるでしょう。
でもそうなれば、逆に太陽光発電や家庭用燃料電池が急速に普及して、電力問題は簡単に解決するのかもしれません。僕は実はそれを期待している部分もあります。
しかし、電力会社だけでなく国民にも負担を強いられるであろう廃炉の費用は想像を超える額になりそうで、年金や社会保障費の不足だけでなく、これから国の財政に重くのしかかってくることは間違いないでしょう。

民主主義による平等で公平なはずの選択が、実は結果的に短絡的で自己中心的な選択になり、フランスやギリシャのように将来にツケを回す政治を行わせてるように感じるのは僕だけなのでしょうか。
自分たちの利益のことだけを考え、借金を踏み倒し、EUを離脱し、最後には鎖国により自給自足国家になるしか選択が無くなる。
人間社会の本質から目を背けたツケにより、今ギリシャが抱える問題が世界中の先進国でも現実的になるのかもしれません。
|10:13:38|東日本大震災 | comment(0) | trackback(0)
comment
comment posting














trackback URL
http://maido1984423.blog97.fc2.com/tb.php/932-45a6a9f6
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。