経験したことがないような大雨
2006071919225800000120491.jpg
九州の熊本や大分では、大雨により大変なことになっているようです。
偏西風の蛇行によって下がってくる冷たい空気と、太平洋高気圧のヘリを回る暖かく湿った空気が、東シナ海の九州の西側でぶつかり次々と雨雲が発生しています。
意図的に九州を誰かが攻撃しているかのような集中的な降り方は、気象庁の言い方通りに、本当にこれまでに経験したことがないような大雨になってしまいました。

このあとも雨雲は発生し続けるようですが、太平洋高気圧の発達により前線は徐々に北上するので、九州の雨は少しずつ落ちついてくるでしょう。
ただ、山口県や鳥取などは今後も注意が必要なのかもしれません。

逆に来週からは気温の上昇が心配です。
関東でも35°近くまで上昇するかもしれません。湿度も高く、かなりの人が熱中症で倒れる可能性があります。気をつけてください。
今年は比較的気温の低い夏になるようですが、電力不足の中、節電と暑さとの戦いの本番はこれからです。
|09:59:06|天候、地球環境 | comment(0) | trackback(0)
comment
comment posting














trackback URL
http://maido1984423.blog97.fc2.com/tb.php/988-8c3c3191
trackback